体型カバーの服で着痩せコーデをマスター!マイナス5kgの錯覚とは?

体型カバーの服で着痩せコーデをマスター!マイナス5kgの錯覚とは?

体型をカバーするための服といえば
どんなものがあるでしょうか。

 

 

ふんわりとしたシフォン素材のトップス

 

7分袖くらいのフレアスリーブで

 

ペプラムチュニックでお腹まわりもカバーできます。

 

 

ボトムスはワイドパンツやスカーチョで

 

足の太さやお尻の形をうまく隠せば

 

 

体型に自信のない方でも

 

おしゃれができますね。

 

 

 

カラーにも気をつける必要があります。

 

 

膨張色は避けて、基本や黒やネイビーといった

 

暗めのカラーを選びましょう。

 

 

ただ、全身暗い色だと可愛くないですし

 

逆効果になってしまうこともあります。

 

 

上下のコントラストをはっきりさせて

 

引き締めたい方に暗めのカラーを持ってくることで

 

 

着痩せが際立って効果を発揮します。

 

 

下半身太りがコンプレックスなら

 

黒またはネイビーのスカートで

 

細見えを目指しましょう。

 

 

ボーダー柄よりもストライプがおすすめ

 

 

視覚効果も大事な要素です。

 

 

 

縦のラインを意識させることで

 

人は細い印象を受けるのです。

 

 

逆にボーダーなどの横線を意識してしまうと

 

横幅があるように見えてしまうので

 

 

 

ボーダー柄は禁物です。

 

 

インナーとして着る分にはいいですが

 

必ず羽織るものを用意しましょう。

 

 

ストライプと同様に縦を意識させる方法として

 

シャツなどは前は閉めずに開けておく

 

という手法があります。

 

 

こちらも前を開けることで縦のラインができて

 

またスカーフなど長めに垂らすことで

 

 

こちらも縦のラインを相手の視覚に

 

印象付けることができます。

 

 

これだけでも上半身の体型カバーはばっちりです。